キューバ・シガーの国内流通状況と見通し

ご存じの通り、最近の日本国内におけるキューバ・シガーの流通は、逼迫状況にあります。

CCAとして、この状況の分析と今後の見通しの見解をまとめましたので、ご参考にしていただけると幸いです。

 

【ポイント】※詳細は「CCA見解_キューバシガー流通の現状と見通し

(産地であるキューバの状況)

・インフレ加速と生産が停滞

・価格上昇と輸出減少

(巨大消費地としての中国)

・富裕層の需要拡大で、実質的に高値で販売されている

(日本国内流通の状況)

・極度の品薄と仕入れ値上昇

(今後の見通し)

・状況改善はどんなに早くても来年夏、数年かかる可能性も

・グローバルブランド中心に価格上昇

・キューバ・シガーの希少価値が高まる

以上